55歳のひきこもりが働かなくていい条件とは 親の年金と資産があれば安泰か?

働かなくていいひきこもり
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

あるニュース記事を見てとても驚きました。

President Onlineの

コロナで就労機会を失った55歳が、そのまま無職を続けることにした理由」という記事です。

55歳男性ひきこもり、30代後半からひきこもっており
コロナ禍で就労機会を失い、ますます脱出できずに
心配になった80代の親御さんが相談に見えたそうです。

それでもFP(ファイナンシャルプランナー)の

FP
FP

55歳ですし、
無理して働かなくてもいいですよ

という返答には驚きました。

この記事を読むと

・ひきこもりの人でも働かなくてもいい親の資産状況
・今後の危惧される介護問題など

がわかります。

裕福な家庭でお金があれば何とかなる

家族構成、資産状況

【家族構成と家計・資産状況】
収入

・父親:82歳(年金生活)年収280万円
・母親:80歳(年金生活)年収95万円
・長男:55歳(無職)
資産
・預貯金:2300万円
・自宅:戸建て持ち家
支出
・家族3人で社会保険料、住居費、保険料などを除いて*月額20万円

引用元:コロナで就労機会を失った55歳が、そのまま無職を続けることにした理由

年金収入 月30万円以上

年金夫婦合わせて年間375万円。

実に月に30万円以上もらっているのです。

30代、40代の子供のいる一般的な家庭よりも多いかもしれない。
現在は、年収300万円台でもおかしくはないです。

シングルマザーなどはそれ以下の年収200万円、100万円台などが増えてきています。

病気をしていない限りは、貯蓄にも回せる

月々の支出が20万というと月に10万円以上残る…

と思って年間120万円浮くと思っていたのですが

ところが、この記事でわかりにくいのが
社会保険料、住居費、保険料などを除いて*という部分。

それが具体的にならないといくら手元に残るかがわからないです。

しかしながら300万円程度の社会保険料は
月に10万円もかかることはないので
残った分は貯蓄できるのではないかと推測します。

総資産 5000万円以上か

また、預貯金が2300万円というところと

自宅は戸建て持ち家

合計すると資産価値は5000万円近く

もしくはそれ以上になるのではないでしょうか。

その他の収入見込み

また、これだけの預貯金、一戸建ての家を持っていることを考えると

相当な生命保険:親御さんが亡くなった場合、おそらくは3000~5000万円くらいはかけているに違いないと憶測します。ご両親で8000万から1億円ほど入ってくることになるでしょう。

その時点でこのひきこもりのご長男は生涯安泰だと思わざるを得ないです。

90歳でも700万円残る

このご長男が90歳になったとしても
まだ700万円が残っているとFPはシミュレーションします。

<シミュレーションの前提条件>
● 両親とも現在の平均余命(82歳男性の場合:約8年、80歳女性の場合:約12年)まで生きるものとする。
● 老齢厚生年金と老齢基礎年金の合計額は、父親が280万円、母親は95万円とします。
● 両親の死去後に、長男がそのまま自宅に住み続けます。
● 現在の家族3人での生活費は、社会保険料、住居費、保険料などを除いて月額20万円です。父親の死去で2割、母親の死去で4割減額します。

引用元:親の他界後、90歳まで生きても700万円の貯金が残る

引用元:親の他界後、90歳まで生きても700万円の貯金が残る
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました