罪悪感

感情の整理

【気分の落ち込み】生きたいように生きられない 自分の望む世界は何?

気分が落ち込んだときや、無価値感にさいなまれているとき 自分のことを許せなくなる 自分の存在意義、存在価値がないように感じます。 それは 働いていない自分人の役に立っていない...
感情の整理

【生活保護、扶養照会の闇】無価値感にさいなまれる 生きる希望もない

自分が生きていていいのかわからなくなるほど、落ち込んでいます。 むしろ生きていて申し訳ないとすら思います。 罪悪感、無価値感や居場所がないといった感覚に襲われています。 年をとれば...
感情の整理

自己否定が強いとき 今の自分のままではいけないと責める癖 そして許すこと

昨日から強い自己否定が出てきています。 出口がない行き止まりに入ってしまったやり場のない思い、ぬぐい切れない不安、重い黒い雲に包まれたような気持ち、空気…金縛りにあって地縛霊のように動けない ...
感情の整理

【高衣紗彩さん】生きてるだけで価値がある?自分の存在意義・存在価値

生きるって何だろうと思います。 人の役に立たないと意味がない人に世の中に貢献している人が偉い人だ、素晴らしいことだみんな頑張っているのだから自分もちゃんとしなくてはいけない働かない無職の自分は...
ひきこもり

罪悪感いっぱいの心の中… 誰もひきこもりになりたい人はいない

ひきこもりをしている方々の心の中は、 孤独感と罪悪感 に占められていると著者の桝田氏はいいます。 誰一人としてひきこもりになりたくて生まれてきた人はいません。 ...
ひきこもり

退職後のひきこもり 40代以上が苦しむパワハラ、介護離職や再就職難

本の著者、桝田氏は、「中高年のひきこもりには、従来型と新しいタイプという二種類に分類される。従来型は思春期、もしくは20代前半までにひきこもりになり、それが中高年まで続いているもの。新しいタイプのひ...
タイトルとURLをコピーしました