我慢をしすぎると感情が出なくなる

感情の整理
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

仕事では海外拠点とのやり取りもあるため
二重、三重にリードタイムに多めに時間をかけておいたのに
事故や天災で納期に間に合わなくなり非常に困ったことが起きました。

それでも上司や会社は見て見ぬふり

お局
お局

ちょっとー大丈夫なのー?!ちゃんとしっかりやってよー

知ってはいるけど、面倒くさい。
口だけははさむ。
誰も責任を取らない体質でした。
もはや会社として問題に取り組むレベルなのに
一個人でなんとかせよという。
客先に対する納期は絶対です。
守れなかったら次からの受注はないでしょうし
会社として存続はないと思うのですが…

仕事がハードで毎日が戦場だったうえに
仕事でも魔女3人組が足を引っ張ってきて
陰湿ないじめを水面下で繰り広げていました。

留守電に人格否定

今でもそのときのことはありありと覚えているのですが
ある事件が起こりました。

お局上司が海外に出張中
代わりに上司の仕事の検品作業を日本で行っていたのですが
事前に知らされた部品表とは違う仕様変更があったのか
番号に色が塗られていてわからない部分を電話で聞きました。

電話を切った後に
お局上司は電話を切ったと思っていたのに
実は切れていなくて、その後も私の留守電あてに音声が残っていたのです。

それはパンドラの箱を開けてしまった
聞きたくはなかったけれども
私を人格否定するような言葉の数々。

どうやら酒場でほかの同僚と飲んでいる状況だったらしく
ガヤガヤしていました。

他部署同僚
他部署同僚

なんだったの電話
仕事ちゃんとできてないんでしょ?

お局
お局

あのさー
それが「部品表が変更になってる
全部色が変わってる」って言ってきてさー
ただその表のまま言われたとおりにやればいいのにさー
なんでそんな細かいことが気になっちゃうんだろうね~

No Questionだよ
わかる?その通りやればいいんだよ
ちゃんと考えて頭使って。

はっきりいってー
細かいことなんてどーーーーーでもいいんだよね!!!!

どう解釈してそういう頭になるんだろ?

他部署同僚
他部署同僚

ほっんと!! ダメだなー
使えんやつだな まじで

お局
お局

ったく作業が進まないわ
ほかのパートさんがかわいそうでしょうがない
合ってたらそのまま進めばいいのに

石橋叩いて叩いて~叩いて叩いて~
で、大きなところでミスるんだわな

他部署同僚
他部署同僚

あいつは変わらんわー

お局
お局

そうそう
だったら好きにやればあーって感じ
かわいそうなひとー

お局
お局

あれ~?電話切れてなかったの?
もしもし~??

と、3分くらい留守電に会話が吹き込まれていました。

私は彼女の代わりに現場で検品をしていて
一日立ちっぱなし。そして連日0時過ぎまでの仕事。
代わりに押し付けておいてその言い草はないだろうと
その留守電を直接聞いてしまった日のショックは言い表せないほどでした。

上司に相談するも…

本来の自分の範囲ではない
丸投げされた全然わからない仕事を必死にやっているのに対し
わからない部分を電話で聞いただけなのに
そんなありさまで、本当に心底打ちのめされていました。

もうやめる覚悟をして、そのお局の上の男性上司に相談しました。

上司からは下記の返答でした。

感情的になるのは分かりますし許せない気持ちも私もあります。

まずはこれはこれ、今後は今後で割り切ること努力して下さい。
私なりに彼女の至らない部分を更生させる責任があります。

しかし一方であなたがが毎度彼女とのコミュニケーションで悩まれると
私はどうすれば良いでしょう、上司として。

まずはビジネスライクにドライな付き合いに徹し
個人的に捉えないでください。

あなたの個性を否定されているのではなく、バランス感無い人が非常識をしていることにどうして精神的ショックを受けますか。

前にも言った通り、公私すみ分けしてください。
つまりは自分の本業でのパフォーマンスが大事です。

上司と直接話した印象では、
精神的に不安定な人、たとえば囚人や精神バランス崩れている頭のおかしい人に
「お前変だね」と言われて、なぜショックを受けなければいけないのかと伝えたかったようです。

そんなふうに公私混同するなと言われて
すぐ割り切ることができるでしょうか?
毎日会う相手なうえに日々攻撃やいやがらせ、排除をしてくるわけです。
1日の長い時間をかかわって
一緒に過ごす間の苦痛な思い
ぬぐいさることはできませんでした。

「彼女の至らない部分を更生させる」
とは言っていましたが
人はそんなにすぐに変わることはありませんし
自己変容というものは
自分が気づいて初めて起きることです。
自分が悪いことをしているという自覚もないために変わることはないと思いました。

のちにわかった怖いお話ですが
脳科学者の中野信子さんによると
人をいじめたり排除することによって
人間は快楽を得る、いじめを楽しんでいることがわかりました。

そして、上司は続けました。

男性上司
男性上司

あなたは仕事はできるけれども心が弱い
なので辞めたいと思っているようであれば
次の後継者の人材も考えなくてはならない
それが上司としての全体をみる役目でもあるから

でも今回は辞めたいという言葉は聞かなかったことにしておくと…

本当はこのとき、この留守電の出来事を公にして辞めてしまえばよかったのですが、
我慢してしまったがために、そのあとも何度もこういう事件が起こります。

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました