人を許せない感情 職場いじめの後もいまだに苦しむ後遺症

感情の整理
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

職場でいじめの経緯は前の記事でも述べました。

仕事を辞めた後、3年くらいは嫌な上司が夢にも出てきてうなされていましたし
ずっといじめてきた彼女たちを忘れられずにいました。

私

自分を死ぬほど苦しめた人々が、
全員報いを受けて不幸になればいいのに…

因果応報で、自分がやったことはすべて自分に返ってくるといいます。
しかし、彼女たちは今日ものうのうと笑って私腹を肥やしているのです。
それに私にしたひどい仕打ちや、言った内容すら覚えていないと思うのです。

私を社会から抹殺した人たちをどうしても許すことができませんでした。

そして今もまだ許せていません。

よく世間的に言われることは、
人を許したほうが自分も楽になるし
自分が幸せになることが最大の復讐

だとも。

本当にそうでしょうか。

我慢して抑制していた感情

退職する当日

私は、辞める当日にお世話になった事務所や他の拠点にお菓子詰め合わせを数個、
男性陣には一人ひとり日本酒の小さい瓶、
女性たちにはジャムやタオルハンカチなどを個別に渡しました。

逆に当日、私には何もなしでした。
もらうことを期待していたわけではありませんが、さすがに5年勤務してきた会社。
一言くらいねぎらいの言葉があっても…と、あまりにもがっかりしたことを覚えています。

今まで何度も仕事を変わってきましたが、
最終日では、友好的な職場ではお花をいただいたり、何かしら食事に行ったりしていたものですから、私は頭の中で誤解していました。

特に、いじめてきた彼女らには何もあげなければよかったなと。

当時の自分の気持ちを調べてみると下記のように書いてありました。

仕事を辞める際には、
「何か失礼があってはならない」という固定観念に襲われてしまっていて
最後まで気を付けて、年長者やお局様軍団には嫌われないように・・・
最後くらいは・・・いい人で、幕を閉じたい、締めくくりたい、
お互い、恨みっこなしで・・・くらいに願っていた。

当時の日記より

これは、今思うと嫌われたくない恐れからきているのだと思います。

人から悪く言われたくない
最後くらいはイイヒトで終わりたい

そして許して次に行かなくてはと焦っていました。

世間一般で言われていた前述の言葉。

一般的に

人を許したほうが自分も楽になる
自分が幸せになることが最大の復讐

その考えに縛られていましたし、それが正しいことと信じていました。
たしかに正論ではありますが、そのときの自分にとっての適切な対処法ではありませんでした。

ですので恨みっこなしという体のいい言葉で
自分の本心では「許せていないのに許す」と、がんじがらめに自分の感情を抑えつけてコントロールしようとしていたのです。
とても苦しかったです。

友人に相談

無理やりにでもよい解釈ができるよう、自分を納得させようとしていました。

友人に相談をしてみたところ

何もなかったということは、
次へ進みなさいという意味の、目に見えないメッセージだよ。
もし、何かもらっていたとしたら、
それを見るたびにストレスがたまるだろうし、もらわないほうが
新しい人生に旅立てると思う。

たしかに後腐れなく、仕事をやめることができてよかったのかもしれませんね。

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました