父の暴力の理由、そして自分の中での和解

家族
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

父の家庭内暴力については前回の記事で述べました。

ここでは父の幼少期にさかのぼって、父がどうしてそのような暴力的な性格になったのか掘り下げていきます。また亡くなるまでの和解の思いをつづりました。

父の幼少期

父も幼少期はとても貧乏な生活をしていたそうです。

父が9歳のときに父親(私から見て祖父)が亡くなりました。
脳溢血だったそうです。

それ以降、祖母が女手ひとつで三人の男の子を育てました。
父は長男だったために、小学生でも牛乳などの配達をしたり、夕刊を配ったり
いろいろと家計のために手伝っていたそうです。
また、高校は定時制の高校(夜間学校)に入り、昼は工場で勤め、夜は学校に通うという生活をしていたそうです。

清貧の美談と言えば美談ですが
どうやら真実は違っていたようです。
弟たち(叔父)に話を聞くと
自分がやりたくない家事労働はすべて弟たちに追いやっていたそうで、
気に入らないことがあると、弟の腕を脱臼させたり
日本刀で背中を切りつけたり(恐ろしい)
父は子供のころからかんしゃく持ちであったことは確かなようです。

父への思い

定時制の高校を出ると
それから定年までの間、同じ会社に40年以上勤めました。
母とはお見合いで出会ったそうです。

家族だからと言って人を殴っていいかと言われれば、それはもちろんNO、完全に犯罪だと思います。暴力は人の身体だけではなく精神をも破壊します。
いつ殴られるかわからない恐怖におびえていました。

また、酒やたばこ、ギャンブルにお金を投じていたことはけして褒められるものではありません。
タバコは特にひどく、
ロングピースの黄色いパッケージの強いものを1日二箱吸っていました。
それがのちに体をボロボロに壊す原因ともなり、度重なる脳梗塞や肺がんにもつながっています。

自分が働き始めて変化した父への見方

私も働き始めて10年以上がたち1人暮らしを始めたころ

大人の私
大人の私

父も働いているとき
つらいことや愚痴を言いたいこともあっただろうにな

そういうことにも気が付き始めました。
父は時折「つらい、辞めたい」と言っていたこともありました。

「なんで、どうしたの、何があったの」
と聞いてあげられればよかったのですが

まだ子供だった私は

大人なのにそんなことを言うなんて恥ずかしい
大人なら多少辛いことがあっても我慢して耐えなくてはならない

と子供ながらにも世間の考えを刷り込まれたものがありました。

しかし、自分が大人になって社会に出て、
こんなに理不尽なことがあるものだと身をもってわかりました。
昔の男の人は、つらくても簡単には辞めることはできなかったでしょう。
今は終身雇用の会社は少なくなってきていて、一番初めに入社した会社で定年まで勤め上げることは少なくなってきています。

過去は終身雇用が当たり前でしたし、40年も同じ会社に勤め続けることは、さぞ辛い出来事もあったと思います。私にはできませんでした。

しょっちゅう仕事を辞めてしまう私に対して

父

なんだ!また辞めたのか!

よく腹を立てて怒っていました。

父とは中学、高校生くらいからはもう口を利くことがなくなっていました。

何かしらもう少し話を聞いてあげられていたら
少しは状況が変わっていたのではないかと思います。

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました