【COCORO Freedom】自己認識、自己受容、二元性とは?目に見えているものが全てではない

感情の整理
この記事は約5分で読めます。

YouTube動画のCOCORO FreedomのYuuさんの動画の要約記事です。

YuuさんとはCocoro Platinumという動画の作家さんで【COCORO Freedom】のほうではより深く、そして厳しく指南してくださっています。

感情の持ち方、心理学、精神世界、スピリチュアル、占星術(星の動き)なども含め、人生の進み方についていろいろ考えさせてくれます。

*動画はすでに削除されておりますのでCOCORO Freedomホーム画面のリンクを貼ります。

人生で起こる問題、なぜそれが起きるのかそのメカニズム(人間関係)や相手の価値観も理解すること、また外側に見えている出来事だけに左右されないことなど非常に重要なことが述べられています。

今回の記事では

・自己認識、受容

・二元性

について説明しています。

※記事が長いため2つに分けました

スポンサーリンク

自己認識とは

自分の人生の現状を正直に知ることができると、自分の人生をこれから先どういうふうにしていきたいのかということがよくわかってくるようになりますので安心してください。

そしていろんな行動パターンが見えてきたと思います。
意識の中で自分が認識していないのに体が反応してしまう=潜在意識

具材的にどういうふうなことが起きているかというと
知覚的防衛=自分を守るために反応してしまっているということです

それがどういうふうな原因でというところまでたどり着いた方もいらっしゃると思います
嫌なこともすべてありのままに認めるということで今回のワークで自分がどういう人間なのかというのが分かってきたと思います

これが本当の自己認識です

認識というのは

自分の感覚に自分なりの意味をつける

ということであり、その認識がずれてしまうとその先のアクションが全部ずれていきます

まず自分はこういう人間だったのだというのを認識する
そして自分のことを認める自己認識という流れです

そしてその次に来るのが

自己受容
受け入れる
どんな自分でもいいんだと受け入れる

認識から受容はトントンとスムーズにいくかというと
実はその前にもう一つ理解しておいた方がいい世の中の仕組みがあります

それが二元性です

スポンサーリンク

二元性とは

白か黒か
二元性について

世の中はやるのかやらないのかもしくは白が黒かなどのように
2つのことを対比させて判断しようとする
そのことが私たちを生きづらくし、ものごとをジャッジする要因を作っている


個性の尊重とは言葉は美しく理想的なようでありますが
実際に自分が受け身の立場になると自分と異なる価値観の人をどのように尊重したらいいのかという課題にぶつかるようになります

私たちは二元性の次元で暮らしています

・白か黒か
・正しいのか間違っているのか
・できるのかできないのか

そのように対比させたものを二極に置き、その間を揺れ動きながら私たちは生きているのです

二元的次元では葛藤と闘うことになり、出口がないところをさまようことになります
必ずしもあれかこれかの二択だけなのではありません
このように二極に分割されたものを統一させるために私たちができることは
自分が見ているものだけが全てなのだろうかと問うことです

私たちは自分がよく知っているものにしがみつき
慣れ親しんだものを絶対的な存在のように扱ってしまう傾向にあります

そのため頑固な意見や間違った概念プライドや恐怖などが生まれるのです

自分の目にはこのように映っているけれど
他の人には異なるものが映っているのかもしれない
自分がフォーカスした先が一点だったために見えない要素もあるのかもしれない

このように真実は何なのだろうかという視点で問うこと
そうすると自分とは異なる価値観を持っている人に出会ったとしても
興味関心が湧き自分が知り得なかったことを届けてくれたことに心から感謝することができるでしょう
その上でどのような距離感が互いにとって心地よいのかを見極めていってはいかがでしょうか


二元性の次元ー2つの対極するものを比較してジャッジをするという世の中に私たちは生きています

片方が重要でそれを守るために戦う
そして
もう片方は間違っているのでこれに対抗するために戦わなければいけない

私が正しい

この二元性というこの世の中を理解しないと、自分がどんな知識・スキル・能力を得たとしても、つらいものになります

2つの対極するものは摩擦が起きるので
どちら生き残るんだというような生き残りの決戦状態になるわけです

無意識レベルで
一つは正しいものとして支持され
一つは間違っているというふうに言われてしまいます

ですので知識を得たり勉強したり
自分を高めるために取り組むアクションで
より正しいものを求めていく傾向になってしまいます

そして自分が正しいと思っているときは
自分が正しくて相手が違っているということを証明できれば認められると思っている要素もあるのです

もしそれが自分が正しいことが認められなければ自分はもう復讐するしかないんだ!というような心理状態で生きているとつらいです

自分が正しい 相手は間違っているという正義感

無意識的についやってしまう
人がやっていることを気にしてしまうとき
あなたに何が起きているのかーーー

ただ、人がやっていることが気になるということは
そのやっている人に問題あるのではなくてそういうふうに感じる人に問題があるわけです

まずこの二元的な次元という感覚を1回頭の隅に入れていただいて、そこからまた次のステップに進んでいただくとより理解が深まる、理解が変わる腑に落ちるのではと思います。

次の記事に続きます>>>人生の問題は人間関係で起きている

スポンサーリンク
ブログ村

ランキングに参加しています
⭐よかったらぽちっとお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村

⭐読者登録はこちらから
感情を吐き出すと心は癒える - にほんブログ村
にほんブログ村

感情の整理
青緑をフォローする
楽天市場
楽天市場
ネガティブな私で生きていく

コメント

タイトルとURLをコピーしました